> > はじめての休日

はじめての休日夏休みが取れない。これってブラック企業?

2019.7.24 12:00

夏休みが取れない。これってブラック企業? -

今年(2019年)のゴールデンウィーク10連休に引き続き、お盆休みも9連休、という企業も多そうです。めったにない大型連休を皆さん満喫したかと思いきや、「あまり嬉しくない」「そもそも休みがなかった」といった声もあり、もくろみと現実の間にはギャップがあったようです。

今回は、大型連休にまつわる悲喜こもごもと皆さんのホンネについて、独自に調査してみました。

3人に2人が大型連休を持て余している?

Q:大型連休はまとめて取りたい?

毎週3連休にしたい
まとめて取りたい!
数日ずつに分けたい
それ以外
  • 49%
  • 26%
  • 17%
  • 8%

・アンケート期間:2019年5月31日~6月2日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1600名

「毎週3連休にしたい」派がダントツの1位。「数日ずつに分けたい」派と合わせ、3人に2人が大型連休を持て余しているということでしょうか? まとめて取りたいと回答した人も一定数いるものの、この中では少数派といえるでしょう。

上記Twitterアンケートにコメントされた「連休明けに仕事したくなくなるから」という言葉からは、休日後の仕事の憂鬱さが見て取れるようです。それ以外にも、連休前や連休明けの仕事量を考えると休みを素直に楽しめない、といった理由もありそうです。

悲報! 44%が「夏休みなんてない」

Q:今年の夏休み、何日取る?

夏休みなんてない
それ以外
もちろん9日!
土日だけ休む
  • 44%
  • 27%
  • 24%
  • 5%

・アンケート期間:2019年5月31日~6月2日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1582名

およそ2人に1人が「夏休みなし」という悲しい結果に。9日間フルで休む人は4人に1人で、この数字は先ほどのアンケートの「連休はまとめて取りたい」派とほぼ一致しています。

しかし多くの人にとっては、大型連休以前にそもそも夏休みがないのが実情。
サービス業であればいつも以上に忙しくなるのが予想されるため、長期休暇が歓迎されない理由は、ただ持て余しているというだけではなさそうです。

普段の仕事疲れ、取れていますか?

これら「週3で休みたい」「夏休みなんてない」といった意見は、連休のために平日を犠牲にするより日常的な休みで疲れを癒したい、という心境のあらわれかもしれません。なかなか疲れが取れない人は、短時間でリフレッシュできるヘッドスパやアロマサロンに行ってみるのも手です。

休日があまりにも少なかったり、強い疲労やストレスが長期間続く場合は、ブラック企業の可能性があるかも…。一人で我慢せず、おかしいなと感じたら早めに厚生労働省の「総合労働相談コーナー」や労働基準局に相談するなどして、専門家のアドバイスをもらうようにしましょう。

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)
この記事に関連するタグ

おすすめの記事