> > はじめてのクラウドファンディング

はじめてのクラウドファンディングクラウドファンディング支援者だけの楽しみ「リターン」とは?

2018.5.18 12:00

クラウドファンディング支援者だけの楽しみ「リターン」とは? -

最近、クラウドファンディングによる支援で制作された映画やイベントなどがよく話題になりますよね。著名人の方がクラウドファンディングによって新たな活動をするなど、今注目度の高いコンテンツといえるのではないでしょうか。
しかし「聞いたことはあるけどそんなにいいものなの?」と疑問を持っている方も多いのでは。今回はみんなの「クラウドファンディング」に対する関心を調査してみました。

―クラウドファンディング―
不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語

「興味はあるけど...」実際のハードルは高い?

Q:クラウドファンディングってやったことある?

やったことない
興味はあるがない
支援者をやった
主催者をやった
  • 62%
  • 22%
  • 11%
  • 5%

・アンケート期間:2018年4月5日~4月7日
・調査方法:Twitter アンケート
・有効回答数:1,232名

「クラウドファンディングってやったことある?」というアンケートでは、6割以上の人が「やったことない」と回答しました。なんとなく知ってはいるけど、実際に自分でチャレンジしてみる人は少ないのかもしれません。

「主催者」と「支援者」

クラウドファンディングの参加方法は主に2つあり、1つは「主催者」です。
「新しい自分のアイデアでイベントを開催したり商品を作りたいけど、資金がない」という人が、主催者としてクラウドファンディングサイトに企画を出品します。
もう1つは「支援者」。
先ほど「主催者」の方が出品した企画に賛同し、資金提供などで企画を支援します。
 
「支援者」の方がより気軽に参加でき、参加してみたいイベントや好きなタレントの応援など、自分の好みの企画を見つければ簡単に支援者となれます。
クラウドファンディングの運営サイトをのぞくと、さまざまなイベントや商品が出品されています。自分が興味あるものや面白そうな企画を探すだけでも楽しいかもしれません。

クラウドファンディングの魅力は「リターン」

Q:クラウドファンディングに参加する一番の目的は?

リターン(物品など)
投資
支援の一員になれる
  • 50%
  • 29%
  • 21%

・アンケート期間:2018年4月5日~4月7日
・調査方法:Twitter アンケート
・有効回答数:827名

「いくら気軽に支援者になれるといっても、ほとんどボランティアなんでしょ?」と思っている人もいるのではないでしょうか。確かに、「賛同した企画が実現されるのはうれしいけれど、それだけでお金を払うのはなあ」という気持ちはありますよね。
しかし、クラウドファンディングサイトに出品されている企画を見てみると、そのほとんどが支援金と引き換えに「リターン」が用意されています。
 
「クラウドファンディングに参加する一番の目的は?」というアンケートでも、50%の人が「リターン」と回答しています。
支援者になれば、イベントのチケットが優遇されたり、特別なグッズや待遇が用意されるのです。通常のチケット販売で購入するよりもお得なケースも多くみられます。
支援額に応じてリターンのグレードが変わる場合もあり、自分のできる範囲で支援できます。
 
もっと面白いイベントに参加したい!今までにない企画を見てみたい!と思っている人は、ぜひクラウドファンディングに挑戦してみてはいかがでしょう。
この記事はどうだった?
  • いいね (1)
  • う~ん (0)

おすすめの記事