> > はじめての動画作成

はじめての動画作成早送りと何が違うの?タイムラプスにチャレンジしよう!

2018.2.16 12:00

早送りと何が違うの?タイムラプスにチャレンジしよう!

タイムラプスという言葉をご存知ですか?

低速度撮影とよばれる撮影方法で、数秒〜数分に1枚写真を撮りそれをつなぎ合わせて動画にすることで、通常ゆっくり変化していて気づきにくいものの様子を視覚化できる手法です。

早送りとタイムラプスの差は何か?まずは動画がどのように作られているか知ることが重要です。
1秒の動画には実は30枚もの写真が使われていて、10秒撮影すると300枚の写真が使われています。その場合早送りでは、300枚の写真をまず記録メディアにすべて保存して、後から処理をして写真を減らしていきます。タイムラプスの場合、そもそも2秒に1枚の写真を保存していれば、5枚の写真で10秒を表現できるので、記録メディアの負荷と編集の手間を軽減できるのです。

みんな撮ったことあるの?

Q:タイムラプス動画、撮ったことある?

78% … ない
22% … ある

・アンケート期間:2017年1月11日~1月12日
・調査方法:Twitter アンケート
・有効回答数:1061名

結果は「ない」が「78%」。
やはりほとんどの人はタイムラプスを撮ったことがないようです。
しかし一方で2割の人は撮影したことがあるので、一般の人にもじわじわ広がっている手法といえるでしょう。

スマホで簡単!タイムラプス撮影のやり方

早送りと何が違うの?タイムラプスにチャレンジしよう!

iPhoneの人は、iOS8以降にアップデート&iPhone4s以降であれば、「カメラ」機能の中にタイムラプス撮影が搭載されています!
Androidの人は、無料のアプリがあるようなので「タイムラプス」で検索してみましょう!

ぐんっと綺麗に撮れる、撮影時の3つのポイント

早送りと何が違うの?タイムラプスにチャレンジしよう!

①三脚を使う

タイムラプスの面白さは、構図に収まるモチーフ達の変化スピードの違いです。
手ブレをしていたらわかりにくいので三脚を使いましょう。

 

②完成イメージを考えてから撮影しよう

タイムラプスは一言でいうと「早送り」のような動画ですが、ただの早送り動画との違いは、動くものと動かないものの差ででてきます。
どんな映像を撮りたいのか、また撮りたい映像にはどのくらい撮影時間が必要か計算してから撮りましょう。

 

③物によってシャッターを切る秒数を変える

A:アイスが溶ける時間

B:日の出の時間

だと、変化にかかる時間が全然違います。前者は数秒に1枚撮ればいいですが、後者は数分に1枚撮らないと変化がおそいわかりにくいタイムラプスになってしまいます。撮影したいものによって調整しましょう。
iPhoneの場合、撮影間隔は自分で調整できないので、カメラやアプリにインターバル設定があればその機能で調整するほうが完成イメージに近づけやすいです。

まとめ

綺麗で不思議なタイムラプスを撮影できたらSNSで共有して、みんなを驚かせてみてくださいね!
ほかにも気になる話題があれば、記事リクエストフォームからご応募おまちしております。
>>記事のリクエストはこちら

この記事はどうだった?
  • いいね (2)
  • う~ん (2)

カテゴリー

  • 恋愛

  • 豆知識

  • 仕事

  • 趣味

  • イベント

  • マナー

  • ライフ
    スタイル

  • 美容

  • ファッ
    ション

  • フード

  • ランキング

エングラ最新アンケート

みんなこんな時どんな風にしてるの?

そんな素朴な疑問に、みんなの声のアンケートをまじえて答えます。恋愛、アクティビティ、マナー、便利術など様々な初めての体験をサポートする情報を紹介するメディアです。
記事リクエストも常時募集しています。詳しくはこちら

くだらないことも聞けるアンケートメディア

みんなが気になることも気にならないことも、毎日ツイッターアカウントでアンケートを配信中しています。
アンケート結果はこちらから

みんなが気になる、アンケート配信中 公式Twitter エングラ フォローしてね! わからないことは、LINEで、お問い合わせ モネが、お答えします はじめる人に、はじめる銀行 ジャパンネット銀行
TOPへ戻る