> > はじめてのスマホ撮影

はじめてのスマホ撮影プロの仕上がり! 誰にでもできる運動会のスマホ撮影テクニック

2019.10.15 12:00

プロの仕上がり! 誰にでもできる運動会のスマホ撮影テクニック -

多くの小学校で運動会が開催される秋。一生に一度のイベントだから、我が子の勇姿をキレイに写真におさめたい! と思うお父さんやお母さんは多いはず。

2人に1人が「撮影に自信なし」

Q:運動会などで動きがあるものを思い出に残したいとき、どうする?

50% … 動画で残す
27% … 目で見て自分の記憶に残す
23% … 写真で残す

・アンケート期間:2019年8月26日~8月28日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:2184名

Q:スマホでの撮影テク、自信ある?

54% … 上手く撮れない
25% … 風景なら得意
14% … 自信ある!上手く撮れる
8% … 自撮り・人物なら得意

・アンケート期間:2019年8月27日~8月29日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:2164名

アンケートでも、思い出に残したいものを「写真や動画で残したい、けどうまく撮れない」というジレンマを感じている人は54%にものぼりました。人物撮影が得意という人はたったの8%。特に動いている瞬間を撮るのは難しいですよね。

 

そこで今回は誰にでもできる「運動会でのスマホ撮影テク」をご紹介します。
本格的なカメラを持っていない人や、カメラを当日忘れてしまったといったトラブル時にも活用できる、ちょっとしたテクニックです。

ポイント1:レンズをキレイにする

超基本的ですが意外と忘れがち。レンズが指紋や皮脂で汚れてしまうと、ぼやけの原因になってしまいます。
またティッシュやハンカチで拭いてしまうと繊維が荒いため、レンズを傷つけてしまうことも。専用の布製クリーナーやメガネ拭き等でお掃除するようにしましょう。

 

ポイント2:解像度を最高に

カメラアプリによって設定できないものもありますが、解像度は最高に設定を。解像度が低いとせっかく撮っても、子供の顔がぼやけた写りになってしまうこともがあります。

 

※iPhoneの標準カメラアプリでは変更できません。

 

ポイント3:デジタルズームNG

いい撮影場所を確保するのが難しい運動会。離れた場所からの撮影も多くなるのでズームしたくなる気持ちはわかりますが、キレイに撮れないので極力使わないのが正解。
スマホのズームは画像全体の一部を拡大して表示しているので、プリントすると、かなり画質が荒くなってしまいます。
ズームは使わず、できるだけ被写体の近づいて撮るのを心がけて。

 

ポイント4:連写機能でシャッターチャンスを逃さない

動き回っているお子さんを撮るには連写機能を使うのがおススメ。連続で撮ることでシャッターチャンスの撮り逃しを防げますし、どんなに撮影慣れをしていない人でもベストショットが1枚は撮れているはず!

 

また、動く被写体の撮影にはシャッタースピードを調整しておくとより思い通りの撮影ができます。
臨場感を出したいときは、シャッタースピード1/60秒~1/125秒を目安に。背景が流れ、スピード感が感じられる写真になります。
逆に被写体をピタッと止めて撮影したいときは、1/500秒より高速のシャッタースピードに設定しましょう。

 

※純正カメラアプリでは自動的に調整がかかってしまいマニュアル設定できないものもあります。iPhoneなら「Manual」(有料)、「ヤメラ(マニュアルカメラ)」(無料)、Androidなら「Camera FV-5」(有料)などのカメラアプリがオススメです。

 

運動会

 

ポイント5:コーナーを狙う

徒競走などではコーナーを曲がり切ったところの延長上で待ち構えて撮影してみましょう。走ってくる被写体をスマホで追わず、しゃがんでアングルを固定。コーナーに入ってきたら連写します。
固定させることでブレにくくなり、低い位置から撮ると躍動感が出ます。

 

撮影場所は、事前に運動会のプログラムと校庭のマップなどを確認し、決めておくと◎お子さんに、どの競技に参加するか、どこのポジションで踊るかなどを聞いてみましょう。

 

ポイント6:グリット表示で構図を決める

スマホカメラの設定からグリットをオンに。画面が縦横三等分されバランスのよい構図で撮影しやすくなります。

 

走っている姿を撮る場合は、グリットの交差する4つの点どれかに被写体が来たところでシャッターを切ります。進行方向の2/3に空間を持たせると走っている雰囲気を出すことができます。

 

逆に、動きの少ないときや、被写体を強調したい場合は、グリットで区切られた中央のマス目に被写体を配置すると、シンプルにまとまります。

 

ポイント7:遠くからの撮影は外付けレンズ・三脚に頼る

うまく撮影場所を確保できなかった、遠くからキレイに撮りたいという場合には、スマホの外付けレンズを使ってみましょう。望遠レンズを装着することで、遠くからでも画質が劣化せず、表情がキレイに撮影できます。
価格も2,000円~5,000円程度のものがあるので、カメラを一式そろえるよりはリーズナブルです。

スマホを上手に活用しよう

これで運動会の撮影は準備OKですね。
スマホ写真に慣れていないお父さんお母さんも、スマホ撮影のポイントを理解して、ぜひ我が子の活躍をキレイに残してください。

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)
この記事に関連するタグ

おすすめの記事

カテゴリー

  • 恋愛

  • 豆知識

  • 仕事

  • 趣味

  • ライフスタイル

  • 美容

  • ファッション

  • フード

  • 家族

  • お金

  • ランキング

スペシャルページ公開中!
妊娠・出産にまつわるお金のアレコレ
簡単スマホ仕事術
これから家族になっていく二人のお金ガイド
2人だから楽しいドケチデート特集
キャッシュレス決済の落とし穴、スマホお金管理術

エングラ最新アンケート

みんなこんな時どんな風にしてるの?

そんな素朴な疑問に、みんなの声のアンケートをまじえて答えます。恋愛、アクティビティ、マナー、便利術など様々な初めての体験をサポートする情報を紹介するメディアです。
記事リクエストも常時募集しています。詳しくはこちら

くだらないことも聞けるアンケートメディア

みんなが気になることも気にならないことも、毎日ツイッターアカウントでアンケートを配信中しています。
アンケート結果はこちらから

みんなが気になる、アンケート配信中 公式Twitter エングラ フォローしてね! わからないことは、LINEで、お問い合わせ モネが、お答えします はじめる人に、はじめる銀行 ジャパンネット銀行
TOPへ戻る