老後の貯蓄、「夫婦2人で3,600万円」が必要な理由

2019.7.31 12:00

老後の貯蓄、「夫婦2人で3,600万円」が必要な理由 -

少子化問題や年金制度の課題が浮き彫りになり、老後の生活費の不安はつのる一方。
いったい、いくら貯蓄しておけば安心なのか? 調査データをもとにざっくり計算してみました。

そもそも、年金はいくらもらえるの?

正直なところ、20年先、30年先の年金受給額はわかりません。今回は、今現在、年金をもらっている人の金額をご紹介します。

 

厚生労働省の発表によると、平成31年度から新規で年金を受け取る人の年金額の例は、国民年金(老齢基礎年金)の場合で1人月額64,941円です。厚生年金の場合、夫婦2人の養老基礎年金を含む標準的な年金額で月額221,504円です。
厚生年金の額は、「夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)42.8万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準」とされています。
この金額は平成30年に比べ、0.1%のプラスです。

 

ただし、これはあくまで例であり、実際の受給状況は、上記より少ない傾向があります。平成29年度の厚生年金の実際の平均月額は144,903円でした。給与の平均額や加入期間の長さによって、実際の年金支給額は変わってくることを覚えておきましょう。

 

老後の貯蓄、「夫婦2人で3,600万円」が必要な理由 -

老後の生活費はどれくらいかかる?

老後の生活費はどれくらいかかる? 老後の生活費の一例を見てみましょう。総務省統計局のデータによると、世帯主が65歳以上で無職の家庭(2人以上の世帯)の1ヶ月の支出は、合計247,701円

 

<内訳>

  • ●食料:70,058円
  • ●住居:14,853円
  • ●光熱・水道:21,635円
  • ●家具・家事用品:10,273円
  • ●被服及び履物:7,465円
  • ●保険医療:14,995円
  • ●交通・通信:28,524円
  • ●教育:458円
  • ●教養娯楽:24,541円
  • ●その他の消費支出:54,898円
  • ●交際費:25,315円
  • ●仕送り金:1,784円

※出典:総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)平成29年(2017年) 家計の概要」II  世帯属性別の家計収支(二人以上の世帯)より抜粋

 

この金額はあくまで平均値で、それぞれの生活水準により異なります。自分だったらどれくらいかかるか、推測しないといけないかもしれません。

ズバリ、年金だけでは足りないことが判明

先述した年金支給額と老後の生活費を使って計算してみると、年金だけでは足りないことがわかります。

 

平成31年度の例で計算すると、国民年金の場合はマイナス117,819円、厚生年金の場合はマイナス26,197円、平成29年度の厚生年金の実際の平均月額で計算するとマイナス102,798円という結果に。

 

ざっくりですが、月10万円分の老後の生活費を、自分で備えておくと安心かもしれません。

 

老後の貯蓄、「夫婦2人で3,600万円」が必要な理由 -

夫婦2人で老後30年を過ごすために、3,600万円の貯蓄が必要

仮に、月10万円分の老後の生活費を自分で貯めるとして、90歳まで生きるとすると、貯蓄は3,600万円必要という試算になります。
―――
10万円 × 12ヶ月 × 30年 = 3,600万円
―――

 

2019年6月に発表された金融庁の報告書に「95歳まで生きる場合、公的年金以外に2000万円の資金が必要」という内容があり話題になりましたが、だいたい同じような金額です。

どうやって老後資金を貯蓄する?

老後資金を貯める方法のひとつは預貯金です。入出金が多い給与口座では、ついつい使ってしまい、なかなか貯まらないというケースもあるので、サブ口座で貯金することをおすすめします。

 

 

また、投資や貯蓄性のある保険で備えることも検討しましょう。
誰もが老後のために3,600万円を貯めなければならないわけではありませんが、早いうちから少しずつでも準備しておくことが賢い選択と言えそうです。

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)

おすすめの記事

カテゴリー

  • 恋愛

  • 豆知識

  • 仕事

  • 趣味

  • ライフスタイル

  • 美容

  • ファッション

  • フード

  • 家族

  • お金

  • ランキング

スペシャルページ公開中!
妊娠・出産にまつわるお金のアレコレ
簡単スマホ仕事術
これから家族になっていく二人のお金ガイド
2人だから楽しいドケチデート特集
キャッシュレス決済の落とし穴、スマホお金管理術

エングラ最新アンケート

みんなこんな時どんな風にしてるの?

そんな素朴な疑問に、みんなの声のアンケートをまじえて答えます。恋愛、アクティビティ、マナー、便利術など様々な初めての体験をサポートする情報を紹介するメディアです。
記事リクエストも常時募集しています。詳しくはこちら

くだらないことも聞けるアンケートメディア

みんなが気になることも気にならないことも、毎日ツイッターアカウントでアンケートを配信中しています。
アンケート結果はこちらから

みんなが気になる、アンケート配信中 公式Twitter エングラ フォローしてね! わからないことは、LINEで、お問い合わせ モネが、お答えします はじめる人に、はじめる銀行 ジャパンネット銀行
TOPへ戻る