結婚式のお金、2人で仲良くモメずに貯める方法

2019.6.13 13:00

結婚式のお金、2人で仲良くモメずに貯める方法 -

結婚式の資金を、パートナーと2人で上手に貯める方法をご紹介します。

結婚式のお金は、全額貯めなくてOK!

結婚式の費用はピンキリ。ホテルウエディングなのか、レストランウエディングなのか、海外リゾートウエディングなのかなど式をあげる場所でも違いますし、ゲストの人数、衣装やお色直しの回数、会場の飾り付け、料理や飲み物などによっても違います。
大手ウエディング情報サイトによると、結婚式(挙式・披露宴)にかかる費用の平均は約370万円とのこと。

 

でもこの金額すべてを貯める必要はないんです。なぜなら、結婚式で「もらえるお金」があるから。
大きな声では言えませんが、ゲストから頂くご祝儀を結婚式の費用の支払いに当てるのはよくあること。というか、だいたいの人がそうしているようです。さらに、親から援助金をもらえる場合もありますよね。

 

つまり、

 

自己負担金結婚式の総額もらえるお金

 

です。この自己負担金を2人で貯めればOKです!

 

ちなみに、ご祝儀の相場は、友人や同僚は3万円、上司などは約4万円、親族は約7万円程度だそう(大手ウエディング情報サイトによる)。ご参考までに。

結婚資金専用! 2人の共通口座を作ろう

2人で結婚資金を貯めるおすすめの方法は、結婚資金専用の共通口座を作ること。毎月、お互いの給与口座から専用口座へ、決まった金額を自動振替して、強制的に貯めましょう!ボーナス付きは上乗せすると貯蓄期間を短縮できます。

 

貯める金額は2人で要相談。同額ずつが一番モメないのだと思いますが、なかには「色々こだわりたいから彼女がちょっと多め」や「収入に比例した割合」というパターンなどもあるようです。

 

結婚式の費用は、会場を決めた段階で内金をいくらか支払い、式の数週間前や当日に残りの金額を支払う場合がほとんど。
ぜひスケジュールを立てて、2人の共通口座を作って、計画的に貯金してくださいね!

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)

おすすめの記事