> > はじめての咳エチケット

はじめての咳エチケット周りに迷惑をかけないために心がけたい咳エチケットとは?

2020.3.13 18:00

周りに迷惑をかけないために心がけたい咳エチケットとは? -

新型コロナウイルス(COVID-19)やインフルエンザの流行で、世間は人の咳やくしゃみに敏感になっていますよね。

Q:マスクがないときの対策知ってる?

知らない
知ってる
  • 73%
  • 27%

・アンケート期間:2020年2月27日~2月28日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,000名

「え、私はただの花粉症なのに……」
「いやいや、喉が乾燥して咳が出ただけだよ。」

 

と言っても電車内でマスクをしていない時に、ちょっと咳をしただけでも痛い視線を感じることはないですか? 周りが敏感になっているこの季節、そんないやーな思いをしないために、咳エチケットを押さえましょう!

Q:咳エチケットって知ってる?

はい
いいえ
  • 71%
  • 29%

・アンケート期間:2020年2月27日~2月28日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,566名

What’s 咳エチケット
インフルエンザをはじめとして、咳やくしゃみの飛沫により感染する感染症は数多くあります。 「咳エチケット」は、これらの感染症を他人に感染させないために、個人が咳・くしゃみをする際に、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえることです。
特に電車や職場、学校など人が集まるところで実践することが重要です。
-厚生労働省 咳エチケット より参照-

マスクがなくてもできる、咳エチケット2選!

周りに迷惑をかけないために心がけたい咳エチケットとは? -

1. ティッシュ・ハンカチなどで口や鼻を覆う
2. 上着の内側や袖(そで)で覆う。

 

咳やくしゃみが出る時に、覆うだけでも飛沫を抑えることができます。
これを見て「手で抑えればよくない?」と思った貴方は要注意。
確かに飛沫は多少抑えることができますが、その手で触った吊り革やドアノブなど、周囲のものにウイルスが付着します。
ドアノブなどを介して他の人に病気をうつす可能性があるため、厚生労働省のサイトでは推奨されておりません。

 

マスクが無く、手作りも面倒だなという人は、今回の咳エチケットを試してみてくださいね。

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)

おすすめの記事