> > はじめての厄年

はじめての厄年それって厄のせいじゃない?みんなの厄年を聞いてみた!

2020.3.26 12:00

それって厄のせいじゃない?みんなの厄年を聞いてみた! -

思わぬ怪我に、仕事のトラブル。家電は壊れるし、はたまた離婚したなんてことも。
次から次へと不幸が続いたと話す人もいて、恐怖は募っても決して避けることはできない厄年。
でも、誰でも平等に歳はとるわけだし、同級生が一斉に厄に苦しむとは考えにくいですよね。
そこで、エングラユーザーにアンケートをとって厄年の実態を調査してみました。

Q:厄年に厄災を実感する出来事ってあった?

あった
気にしたことがない
なかった
自身にはなかったが身内に厄が…
  • 41%
  • 36%
  • 18%
  • 5%

・アンケート期間:2020年3月2日~3月3日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:868名

アンケートによると半数近くの人が身内に厄が降りかかったと感じたり厄年を実感したことがあるとわかりました。

 

そもそも厄年とは?

厄年

  1. 災難に遭うことが多いので気をつけるべきだといわれる年。男は数え年の二五・四二・六一歳、女は一九・三三・三七歳などとされる。陰陽道(おんようどう)で説かれたものという。厄
  2. 災厄の多い年。年忌み

————weblioより引用

当記事での「厄年」は①の意味で扱いますが、そもそもこの厄年は陰陽道で説かれ平安時代から広く一般に浸透している風習の1つとされています。しかしこの由来も諸説あり、厄年の年齢も地域や宗派で異なります。
つまり科学的根拠はなく、ただの迷信と切り捨てても問題なさそうな気も……。

 

厄年を実感した人は、いったいどのような災厄がふりかかったのでしょうか。

Q:厄年だなと実感した出来事ってどんなこと?

怪我や病気
仕事でのトラブル
金銭トラブル
その他
  • 50%
  • 22%
  • 17%
  • 11%

・アンケート期間:2020年3月2日~3月3日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,043名

厄年を実感した半数の人は身体にまつわるトラブルがあったようです。
具体的な話もコメントに寄せられたので、いくつか紹介します。

 

「左遷されました」

 

「笑えるぐらいチケット全滅」

 

「仕事の部署移動で一人管理職になり、ノー休日残業ありまくりの現場を走り回っていたら心身症を患い、改善を言い続けていたら体制批判に取られて難癖をつけられて会社都合で退職しました。その後腰部椎間板ヘルニアを発病する」

 

「本厄を迎える今年は年始早々体調を崩し、回復するどころか悪化する一方で仕事も休みがちに。慌てて厄払いに行きましたが、3月になった今も体調は戻らずコロナの影響で仕事もトラブルが相次ぎ不安でいっぱいです。」

 

どれも辛いものばかりで、ただの迷信と切り捨てるのには、気後れしてしまいますよね。
例え気休めだとしても、それで1年を安心して過ごせるなら「厄除け」に行くべきなのかもしれません。

Q:厄年に厄払いってする?【女性限定】

しない
する
しないが厄除けお守りは買う
  • 53%
  • 25%
  • 22%

・アンケート期間:2020年3月3日~3月4日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,333名

Q:厄年に厄払いってする?【男性限定】

しない
する
しないが厄除けお守りは買う
  • 55%
  • 24%
  • 21%

・アンケート期間:2020年3月3日~3月4日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,091名

性別にかかわらず、4人に1人は厄除け・厄払いに行っていることもアンケートからわかりました。
一般的に厄除け、厄払いは立春(毎年2月4日頃)までに済ませるのが良いとされています。厄年を迎えたら節分までに祈祷してもらうと覚えておきましょう。

 

厄除け・・・厄を寄せ付けないようにお寺で祈祷してもらうこと
厄払い・・・自身の中の災厄を祓うよう神社で祈祷してもらうこと

厄除けも厄払いも災難を寄せ付けないという目的は同じなので、馴染みの有無やアクセスの良さで選んでも良いでしょう。
一般的に、厄除けにかかる費用は3000円から5000円が相場とされています。
同じ神社・お寺でも金額により祈祷後にいただくお札(ご祈祷符)の大きさが違ったりするので、申し込みの際に確認することをオススメします。

 

あくまでも迷信の1つなので神経質になる必要もありませんが、
正しい厄除け・厄払いの知識を身につけて、厄年も実りある1年にしましょう!

この記事はどうだった?
  • いいね (1)
  • う~ん (0)
この記事に関連するタグ

おすすめの記事