> > はじめてのお稽古

はじめてのお稽古いまどきの子供は〇〇を習ってる!?習い事の新常識

2020.3.25 12:00

いまどきの子供は〇〇を習ってる!?習い事の新常識 -

みなさんは子供の頃に習い事をしていましたか?

Q:子供の頃、習い事してた?

してた
していなかった
  • 80%
  • 20%

・アンケート期間:2020年2月28日~2月29日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,543名

実際に8割もの人が経験している習い事。
例え月謝が高かろうと、将来のためになるなら通わせてあげたいという親の思いを感じます。
ピアノや水泳、英会話。日本の伝統にも触れさせてあげたいから日舞や空手、お習字も。
自分の子にも色々習わせてあげたいけれど、全て通わせることは時間もお金もかかるし、何より子供自身の負担になってしまいます。
では、我が子の能力を伸ばすためにはどんな習い事を選べばいいのでしょうか。

Q:子供の頃にやってて良かった習い事って何?

水泳
ピアノ
習字
その他
  • 35%
  • 26%
  • 20%
  • 19%

・アンケート期間:2020年2月27日~2月28日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,379名

アンケートで聞いてみたところ、「水泳」は実際にためになったと感じている人が多いようです。
コメントにも「水泳のおかげでガタイがよくなった」「無理なく筋肉に負担をかけられ、肺活量も増えて息切れしにくくなりました」といった声が寄せられました。
水泳は浮力により体への負担が軽く、関節や骨に負担をかけずに運動ができるので成長期の子供に通わせたい習い事の1つとして人気があります。
また、胸に水圧がかかるため呼吸筋が活発に働き効率よく心肺機能を向上させることができるので、喘息を患う児童の習い事にも適しているといわれています。

Q:子供に通わせたい習い事ってどんなもの?

音楽、芸術系
語学系
運動系
武術系
  • 34%
  • 27%
  • 24%
  • 15%

・アンケート期間:2020年2月27日~2月28日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,016名

自分の子供に通わせたい習い事も聞いてみたところ、音楽や芸術に関する習い事を考えている人が1番多く、次いで語学系が支持されました。
さらに詳しくアンケートをとってみると、音楽芸術系のなかでも「ピアノ」は61%の人が通わせたいと考える習い事だと判明。

Q:子供に通わせたい芸術系の習い事といえば?

ピアノ
絵画教室
茶華道
その他
  • 61%
  • 15%
  • 12%
  • 12%

・アンケート期間:2020年2月28日~2月29日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:640名

「ピアノは全ての楽器、音楽の基礎だと思うので、いつか他の楽器を選択しようとも先ずピアノから音楽の基礎を習得した方が何かにつけ有利だと思います。」
というコメントが寄せられたことからもわかるように、将来の選択の幅を広げるためにも習わせたい親が多いようです。
また、ピアノは両手の動きが異なることやペダルを使用して足まで動かすことで脳への刺激も大きく、毎回変化のある演奏を聴いていることで言語能力の向上にも関係するという研究結果もあるようです。

 

やはり習い事の王道といえる水泳やピアノは、どの時代でも常に人気なのも、納得のいく理由がありました。

 

でも、2020年から小学校でも英語が必修になったように、教育は時代に合わせ常に変化していくもの。

 

習い事の最前線はどうなっているのでしょう。現代ならではの習い事も調べてみました。

プログラミング教室

2020年から英語と合わせプログラミング教育が小学校で必修科目となりました。
それに伴いプログラミング教室も増え、人気な習い事として注目されています。
学ぶ内容も年齢に合わせ、ゲームやアプリを作ってみたり、LEGOなどで作ったロボットをプログラムして実際に動かすなど多様です。
プログラミング力が身につくだけでなく、ものづくりの楽しさを実感できたり、論理的思考が養われるなどのメリットがあります。

 

ホビングリッシュ

ホビー(趣味)とイングリッシュ(英語)を合わせた造語のホビングリッシュ。英語教えるのではなく、英語好きなことを教えてくれる教室を指します。
スポーツや武道、ダンス、楽器、アートや料理など、子どもが本当に通いたいと思える教室を選ぶことで、楽しみながら英語力をつけられると人気が高まっています。

 

クライミング

2020年東京オリンピックの正式種目にも採用され、注目を集める「スポーツクライミング」も子どもの習い事として浸透してきています。
中でも、ロープやハーネスを使わず高さ約5m以下の人工壁についているカラフルなホールドを使って登るものを「ボルダリング」といい、体幹や柔軟性を鍛えられる上に乳幼児から始められるコースを用意しているジムもあるので、未就学児から大人まで長く楽しめることも人気です。

 

たくさんある教室から子供にピッタリ合うものを探すのは難しいかもしれません。
しかし体験教室などを上手に利用し、子供が大きくなった時に「通わせてくれてありがとう」と言われるような親子共に満足できる習い事を見つけてみてください!

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)
この記事に関連するタグ

おすすめの記事