> > はじめての家事代行

はじめての家事代行家事はプロに任せて時短! 庶民でも使える家事代行

2020.2.12 12:00

家事はプロに任せて時短! 庶民でも使える家事代行 -

家事代行と聞くと、お手伝いさんがいるようなお金持ちの家庭をイメージする方もいらっしゃるのではないでしょうか。近年では家事代行を気軽に委託できるサービスが増えており、掃除や作り置きなどの家事を外注することで自分の時間にあてる、というライフスタイルが広まりつつあります。

Q:家事代行、使ったことある?

興味ない
気になるけど使ったことない
ある
  • 60%
  • 34%
  • 6%

・アンケート期間:2020年1月4日~1月5日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,755名

約4割の人が家事代行に興味はあるものの、使ったことがある人はそのうちの6%にとどまる結果となりました。このようにまだまだ浸透していない家事代行ですが、使っていない理由として
「家事にわざわざお金を払うのはもったいない」
「他人が家の中に入るのに抵抗がある」
「自分でやった方が早い」
など、心理的ハードルが大きく存在しているように思われます。
それでは利用している人はどのような点に魅力を感じているのでしょうか。家事代行のメリットをご紹介します。

家事にかける時間が浮いた分、自分磨きにあてる

仕事などで忙しくしていると、平日は遅くに帰宅して眠るだけ、休日は溜まった家事をこなすだけで終わってしまった、という経験をお持ちではないでしょうか。
そこで、何をやるか決まっている家事を外注することで、英語や資格の勉強など、自分しかできないことにかける時間の余裕が生まれます。きれいな自宅で過ごすと集中力も増し、学習の効率もアップするでしょう。
もちろん浮いた時間分、何もせずリラックスするというのもおすすめです。

誰が家事をするかで揉めることが減った

たとえば、誰かと一緒に生活をしている場合。
担当が決まっている場合は、その担当者がきちんと対応していなかったり、他の人が部屋を散らかし仕事を増やしてしまうなどで、お互いに不満が募ってしまう可能性があります。逆に担当を決めていない場合でも、一方に負荷が偏ってしまったり、押し付け合って誰もやらず片付かない家事にイライラしてしまうことも。

 

そこで家事代行を利用すると、自分たちの手から離すことで、そういった揉めごとを減らし、穏やかに過ごすことができます

 

独身の場合でも、生活をしていると家事は発生します。身の回りを自ら整理して暮らしていくのは大切なことですが、より自分にとって重要なことに集中するために、家事代行を利用し日々の家事をアウトソースしてみるのもいいかもしれません。

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)
この記事に関連するタグ