> > はじめてのボルダリング

はじめてのボルダリングシンプルさゆえにハマるかも。登山愛好家が教えるボルダリングの魅力とは? 【前編】

2019.10.7 12:00

シンプルさゆえにハマるかも。登山愛好家が教えるボルダリングの魅力とは? 【前編】 -

黙々と壁を登っていく姿がかっこいいボルダリング、みなさんやったことありますか? 

Q:ボルダリング、もう体験した?

47% … まだだけど登れる気がしない
30% … まだだけど登れる気がする
15% … した!登れた!
8% … したけど全然登れなかった

・アンケート期間:2017年10月30日~10月31日
・調査方法:Twitter アンケート
・有効回答数:1222名

18~20代の社会人にアンケートをとった結果、「やったことがある」と答えたのは23%。東京オリンピックの種目になり人気が出てきているスポーツとはいえ、まだまだ馴染みのないスポーツのようです。「ひとりでやるボルダリングって楽しいのかな?」と尻込みしている人も多いはず。

 

そこで今回は、冬山登山~ロッククライミングまでなんでもやる、山を愛する男シュンさんにボルダリングの魅力を教えていただきました! 

 

シュンさん(30代)

シュンさん(30代)

東京在住、東京勤務。登山歴8年、ボルダリング歴3年。ボルダリングにハマったきっかけは、登山の慣れのために行ったジムで、ボルダリングの楽しさに気づいたため。それから、週3ペースで登っている。
平日はボルダリングジムで登り、土日は外の岩を登っていることが多い。

そもそもボルダリングってどういうもの?

シンプルさゆえにハマるかも。登山愛好家が教えるボルダリングの魅力とは? 【前編】 -

ボルダリングとは、「ロープを使わずに岩や壁を登るスポーツ」です。
ルールも上まで登れば良し、ととてもシンプル。よく見る、カラフルな石がついた壁があるアレです。

 

ボルダリングをしていると登山と何が違うの?とよく聞かれますが、リュックを背負って時に何日もかけて山に登るのが登山。ロープを使って安全を確保しながら登るのがリードクライミング。
ロープを使わず、比較的低い壁を登る一番シンプルなものがボルダリングになります。マットは敷きますが、落ちても平気な範囲の高さで登ります。

 

2020年の東京オリンピックでは、「ボルダリング」と「リードクライミング」に加え、頂上までに到達するまでの時間を競う「スピード」を含んだ3種目の複合競技となっています。

 

ボルダリングジムで壁についている石(ホールド)は何を使ってもいいわけではなく、様々な壁と様々なホールドを使って、色々な難易度のルート(課題)が設定されています。そのため、レベルが違う人も同じ場所で楽しめるのが特徴です。

 

マイナースポーツなので、今日はじめてボルダリングをやる人と、世界のトップクラスの選手が同じ空間で登っているなんてこともあります。

必要な道具は?

シンプルさゆえにハマるかも。登山愛好家が教えるボルダリングの魅力とは? 【前編】 -

・動きやすいズボン・Tシャツ
・ボルダリングシューズ(※)
・チョーク(手の汗を吸い、落下を防ぐ滑り止め)
・チョークバッグ
(※)レンタルの場合は靴下が必要なので薄手のショートソックスを持参しましょう。専用の靴下もあります。

 

必要な道具はこれだけ。基本的に、すべてジムでレンタルできます。
特に初回はレンタル代が無料というところがほとんどです。運動ができる格好をもってジムに行けば問題ありません。仕事帰りなどにふらっと寄ればいいだけ。

 

服装の注意点としては、股を動かすことが多いので、足の開きやすいズボンにすることと、膝をぶつけやすいので、タイツを履いたり長ズボンを着用するとベター。
たいてい冷暖房完備なので、Tシャツ短パンが基本。素材は何でも大丈夫です。

 

ハマってきたら、マイシューズ、チョークとチョークバッグを買ってみるといいですね。レンタルよりも自分のものの方がフィットしますし、モチベーションが上がります。

 

 

外の岩も登りたい! という場合、岩の下にひくマット(2~3万円)、ブラシ(3,000円くらい)が必要になります。ただ、外の岩はちょっとハードルが高いので、経験者に連れて行ってもらいましょう。

はじめるのに費用はいくらかかる?

・初回……約3,500円
・2回目以降……1回 約1,500円~2,000円
・シューズ・チョークレンタル……1回 約300~800円
・シューズ購入……1万円~2万円
・チョーク・チョークバッグ購入……約5,000円

 

はじめての場合、ジムだと登録料がかかることが多いので、1日目は多めにかかります。
2回目以降は、シューズやチョークをレンタルするとなると1回300~800円程度が追加で掛ります。

 

僕自身はマイシューズなどを揃えていて、平日の夜行くことが多いので、1回1,800円くらいのことが多いです。
ジムは1日フリータイムなことが多いですが、夜から入ると安かったり、2時間いくらというプランがあるところもあります。

後編につづく

ボルダリングってお財布にも優しそうだし、道具も少ないから仕事帰りに良さそうなのがわかりましたね。ところでシュンさんが考えるボルダリングの魅了とはなんでしょうか?

 

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)

おすすめの記事

カテゴリー

  • 恋愛

  • 豆知識

  • 仕事

  • 趣味

  • ライフスタイル

  • 美容

  • ファッション

  • フード

  • 家族

  • お金

  • ランキング

スペシャルページ公開中!
妊娠・出産にまつわるお金のアレコレ
簡単スマホ仕事術
これから家族になっていく二人のお金ガイド
2人だから楽しいドケチデート特集
キャッシュレス決済の落とし穴、スマホお金管理術

エングラ最新アンケート

みんなこんな時どんな風にしてるの?

そんな素朴な疑問に、みんなの声のアンケートをまじえて答えます。恋愛、アクティビティ、マナー、便利術など様々な初めての体験をサポートする情報を紹介するメディアです。
記事リクエストも常時募集しています。詳しくはこちら

くだらないことも聞けるアンケートメディア

みんなが気になることも気にならないことも、毎日ツイッターアカウントでアンケートを配信中しています。
アンケート結果はこちらから

みんなが気になる、アンケート配信中 公式Twitter エングラ フォローしてね! わからないことは、LINEで、お問い合わせ モネが、お答えします はじめる人に、はじめる銀行 ジャパンネット銀行
TOPへ戻る