> > はじめての映画

はじめての映画映画を観るなら字幕?吹き替え?徹底調査!

2018.10.29 12:00

映画を観るなら字幕?吹き替え?徹底調査!

日本で毎年600本近くの作品が劇場公開される海外映画。
邦画にはないスケールで描かれるアクション映画や最先端技術を取り入れたSF超大作などは公開前から話題になることもあり、普段はあまり映画を観ないけど、思わず劇場に足を運んでしまった、なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。

ところで、シネコンで洋画を観るとき。字幕と吹き替えのどっちで観るか迷うことありませんか?
実際にどちらで観ているのかアンケートをとってみると、字幕派がわずかに吹き替え派を上回ったものの、その差は極々僅差でした。

Q:映画を観るなら字幕?吹き替え?

字幕派
吹き替え派
  • 51%
  • 49%

・アンケート期間:2018年8月8日~8月11日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,055名

この問題に正解はない?

字幕はやはり、役者本人の声と演技を楽しめることが魅力ですよね。
その一方で文字数の都合上セリフの意訳や省略があり、情報量の多い社会派ドラマや登場人物の多い場面ではどうしてもわかりにくくなってしまったり、ニュアンスが変わってしまうことも。

 

一方、吹き替えは字幕が読めない小さな子供でも楽しめ、文字を追う必要もないので映像に集中できるというメリットがあります。
ただ、近年では話題作りのためにメインキャストにプロの声優ではなくタレントを起用することも多く、その演技力が問題となり作品の世界観を壊してしまった例も少なくありません。

 

こうして比べてみると、両者それぞれにメリット・デメリットが。
洋画を本当に楽しみたいのであれば、字幕にも吹き替えにも頼らずに作品を理解できる語学力を身につけることが1番なのかもしれません。

この記事はどうだった?
  • いいね (4)
  • う~ん (1)

おすすめの記事