> > はじめてのアウトドア

はじめてのアウトドア【道具選び・寝袋編】寝袋選びの1番大事なポイントはなに?

2018.4.10 12:00

【道具選び・寝袋編】寝袋選びの1番大事なポイントはなに? -

キャンプの必需品のひとつ「寝袋」は、広さや形状など種類が豊富で、いざ買おう、借りようと思っても、選びきれずに悩んでしまうことも。
そこで今回は、テントを持っている人たちに、テント選びのポイントを聞いてみました。

寝袋は「機能性(温度)」で選ぼう!

Q:キャンプの必需品「寝袋」は、どんな基準で選んでる?

機能性(温度)
大きさ
タイプ(形状)
ブランド
  • 63%
  • 20%
  • 10%
  • 7%

・アンケート期間:2018年3月6日~3月9日
・調査方法:Twitter アンケート
・有効回答数:310名

寝袋を選ぶときの1番のポイントは、60%以上が答えた「機能性(温度)」と判明。2位は「大きさ」で20%、3位は「タイプ(形状)」で10%、4位は「ブランド」で7%という結果になりました。
 
では、「機能性(温度)」はどうやって選んだら良いのでしょうか? それは、キャンプする季節や場所の気温を基準に考えてみてください。

「耐久温度+5度」がちょうど良い

多くの寝袋には、使用温度の目安として「耐久温度」が表記されています。ものによっては、「使用可能温度域」、「快眠睡眠温度域」と表記されていたり、EU諸国の商品だとさらに細かく「快適温度」、「下限温度」、「極限温度」が定められていたりします。この温度を参考に、寝袋を選んでみてください。
 
基本は、耐久温度、または快眠睡眠温度域、快適温度が、キャンプ場の最低気温プラス5度のものをチョイス。例えば、最低気温が0度の場所に行くなら、耐久温度が−5度以下の寝袋を持っていきます。
 
山の中のキャンプ場は、予想以上に冷え込むことも。深夜、凍えて眠れないなんてことがないように、寝袋の性能には十分注意してください。

この記事はどうだった?
  • いいね (0)
  • う~ん (0)

おすすめの記事