> > はじめての温活

はじめての温活温活DE美活! 寒さを味方にするコツあります

2020.2.3 17:00

温活DE美活! 寒さを味方にするコツあります -

寒い季節は、冷え性、むくみ、肌の乾燥など気になる症状が出やすい時期ですよね。

Q:1番困っている冬の悩みはどれ?

肌の乾燥
冷え性
肩こり
静電気
  • 46%
  • 22%
  • 16%
  • 16%

・アンケート期間:2020年1月3日~1月4日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,619名

冬の悩みについてアンケートをとってみたところ、肌の乾燥で悩む人が多いことがわかりました。空気の乾燥する季節は肌も乾燥し、かゆみが現れることも珍しくありません。

 

そんなトラブルの数々も、普段の生活の中に“温活”をプラスするだけで改善するかもしれません。
特別な機器もトレーニングもいらず、少しの心がけで簡単に実践できる温活。
今回はそんな温活に関するアンケートをエングラでとってみました。

Q:温活してる?

温活ってなに
してない
してる
  • 59%
  • 31%
  • 10%

・アンケート期間:2020年1月3日~1月4日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,484名

そもそも温活って何?

What’s温活?

主に女性が、体を温めることで体内の血の巡りをよくし、美容効果を期待したり、冷え性や生理痛などの改善を目指すことを意味する語。
ーWeblio辞書ー

 

要は体を温めて代謝を上げ、体調を整えようということです。

 

本来、基礎代謝は筋力量を増やすことで上がりますが、中々運動ができない多忙な社会人は温活で手っ取り早く代謝を高めてしまいましょう。

Q:この中で1つだけしか使えないとしたらどれ?

あったかインナー
ホッカイロ
生姜
マスク
  • 51%
  • 24%
  • 13%
  • 12%

・アンケート期間:2020年1月3日~1月4日
・調査方法:KOUZA(Twitterアンケート)
・有効回答数:1,596名

エングラユーザーが欠かせないと思っている「あったかインナー」も温活アイテムの1つ。
体が冷えると血液は先ずお腹に集まって内臓を温めようとするので、お腹から遠い、手やつま先の血流が不十分になり、冷えの症状がでてしまいます。
たくさんの臓器が集まっているお腹と腰を温めるあったかインナーは身体の末梢まで温める効果が期待できます。温活の基本は頭寒足熱なので、冷えが辛い人はレギンスタイプのあったかインナーを取り入れ、下半身もしっかり温めましょう。

他にもあるよ。温活方法3選

1. 朝食にはしょうがパウダーをプラス

しょうがは、生の場合と、加熱・乾燥したもので、成分が変化。生だとジンゲロールという成分が手足などの末端を温め、乾燥加熱したパウダーに含まれるショウガオールだと体深部からのあたため効果が期待できます。体温が最も低くなる朝は、朝食や白湯などにしょうがパウダーをプラスして、体を芯からしっかりとあたためましょう。

 

2. 湯船に浸かる

疲れていてもシャワーだけですまさず、お湯をためてしっかり湯船に浸かりましょう。
湯船に浸かることで下半身に水圧がかかり、静脈血やリンパ液が押し上げられ、むくみの改善が期待できます。また、浸かりながら足首をまわしたり、足の指をグーパーすると効果アップ。

 

3. お茶は緑色ではなく赤いものを

日本人なら馴染みのある「お茶」にも、体を冷やすものと体を温めるものがあります。例えば緑茶は体を冷やしますが、発酵させてあるお茶(紅茶、烏龍茶、プーアール茶など)は体を温めてくれます。「発酵」したお茶は赤褐色のものが多いですが、焙じ茶や番茶は発酵していないお茶なので、注意しましょう。

 

どれも生活に簡単に取り入れることができますよね。
温活で代謝が上がれば、肌のターンオーバーのサイクルが整えられ、エングラユーザーの悩みである肌の乾燥の改善も期待できそうです。
寒さも味方にしてしまう“温活”、ぜひ実践してみてください。

この記事はどうだった?
  • いいね (1)
  • う~ん (0)
この記事に関連するタグ

おすすめの記事